marmelo*

布絵作家marmelo*の制作日記
MENU

「小法師セット販売について」 と 「価値の話」

ミシンで描く「なつかし・かわいい」世界をお届けする布絵作家marmelo*です。

昨日から「おきあがり小法師展覧会」の納品準備をしています。

これまでブログでも紹介してきましたが、marmelo*の小法師は
「猫を愛するどこかの国の王様とお妃様」や「夏の女学生さん」、
「しらゆき・べにばら」などなど…のように、ペアになっていたり、
何体かそろってストーリーになっていたりするものがあります。

それらは単体ではなく、セット販売にさせていただきます。
ご了承くださいませ。

160708a.jpg 160708b.jpg 

セット販売は、当然お値段も上がってしまいます。
手軽に手にとってはいただけなくなるだろうなぁと。
(そんな気持ちから、以前ブローチやクロッシェ・ミニトートを、
お客様に選んでいただく形で販売したこともあるのですが。)

先日、長年のお客様からお手紙をいただきました。
「テルミさんがいいと思って作ったものは、離れ離れにせずに、セットで販売すべきです!」
と。とても熱いメッセージでした。

今回も小法師の件でかなり考えたのですが、例えば王様とお妃様で、
王様が先にお迎えいただいた場合、残されたお妃様は何だか悲しいな、と。

それを思ったとき、やはりセット販売にしようと決めました。

***

価格については、13年目になっても、いまだに悩みます。
なかなか決められない部分であり、時間が掛かるからもう嫌!となってしまいます(笑)

marmelo*の小法師。
大きさや小法師というアイテムからしては、手頃な価格ではないかもしれません。
300体集まる中で、手にしてもらえないかもとも思っています。
それでも手にしてくれる方がいれば、ありがたい話で。
戻ってきたら、marmelo*のオンラインショップで迎えてくれる方を待とうと考えています。

私には、自分が作る物の価値は分かりません。
作品の価値は、お客様が決めることかなぁと。
求められて初めて価値になるのかも知れないし。

でも、私がものを作り続けていくことの価値(意味)は、自分で決めたいと思っています。

SNSでいろんな作り手さんと繋がっていると、
「私が作っていく意味はあるのだろうか」とか「価値は」とか…目にします。
みんな色々悩んでいるんだなーと。

けれど、自分が続けることの意味や価値は、自分で決めるしかないだろうなって。
自分で納得した形が、意味や価値なんだと思うのです。

このブログは、marmelo*フリークさんのために発信しているわけで、
あまり作り手側の事情などは書きたくないと、以前話しました。
でも、先日思うところがあったので、今日は少し触れてみました。

お読みくださり、ありがとうございました。

では、納品準備を進めます!

***

【7~8月のグループ展】

・「おきあがり小法師展覧会」特設ページ→

・「あそび展」【布きせかえシリーズ】特設ページ→

◆____________________________

 新作情報は、メルマガ「marmelo*だより」 でお知らせします

 「なつかし・かわいい」布絵雑貨の世界ヘようこそ◆marmelo*-marmelo*バナー2012marmelo*  http://marmelo.jp

 「なつかし・かわいい」に会いにきてネ!

 HP ◆ Facebook ◆
 Instagram ◆ Twitter ◆ Tumblr.

 
【布絵ポストカード取扱店】
 東京…子猫堂さん
 神戸…アトリエシードさん(元町)/あんカフェさん(北野町)

_______________________________           

該当の記事は見つかりませんでした。