FC2ブログ

marmelo*

布絵作家marmelo*のブログ
MENU

雑貨作家から布絵作家へ…の雑感

雑貨作家としては、04年から活動してきました。
ここ4年足らずは、布絵のお仕事にシフトしたので、雑貨づくりは出来ていない状況ですが。

ずっと雑貨づくり一本で、自サイトでの販売がメインで、委託店や企画展でも販売したり…
毎日制作詰めでした。

「ハンドメイド」の世界は、作家のスタンスも活動も本当に様々です。
趣味的な方もいれば、人を雇って回している方もいるし。
私はと言えば、雑貨づくりで身を立てることを目標にしていました。

活動から3年ほどして結婚し、夫からも「月いくら稼いでね」と言われていたし。

けれど、雑貨というのはなかなか難しいもので。
私の性格と作風的に手が込んでしまうので、見合う価格で販売することに、いつも頭を悩ませていました。
どんなに手が込んでいても、実用品ですからね。

ちなみに、marmelo*は支持してくださるファンの方が多く、抽選販売だったり、展示にもお客様がスタート前に並んでくださったり、とあるギャラリーでは「こんな売れた展示は初めて!」と言われたこともあります。
(自慢に聞こえたら申し訳ないですが、事実なのです。)
ハンドメイドのコンテストでは、賞をいただいたこともあります。

それでも、常に「追われている」感じで、余裕がなく。
これだけやっていても、手芸関係のお仕事にも繋がらないんだな…とも内心思っていました。
(今となっては、その理由もわかりますし、手芸誌でのお仕事をしたかったというとそうでもなく。
レシピを考えたり、人に教えたりするのは苦手だったから。
そちらに行かなくてよかったのかも知れない、とも。)

ある時、有名な雑貨コンサルタントの方に相談しました。
「どうしたら今の状況を改善して、もっと余裕をもちつつ、収益を上げられるのか」というのが私の相談でした。
返ってきたのは、
「marmelo*さんは生活に疲れているようだ。
お金が厳しいなら、外に働きに出つつ、今の活動をしたらいい」
という回答でした。

私はとてもモヤモヤしました。
外に出ながら制作したら、手が込んだものも、数を作ることも無理だし、
私は作家として収益を上げたいのに、「外に出て働け」とは?どういうこと?
全く回答になっていませんでした。

その後数年して、「雑貨に仕立てず、布絵だけでイラストレーターとしてやったら?」とある方に言われたことをきっかけに、今の方向にシフトしました。

もともと絵が好きなことから布絵雑貨を作っていたので、イラストレーターとして活動できるなら嬉しいなと思ったからです。
最初は全く…な日々でしたが、カレンダーのお仕事をきっかけに、徐々にお仕事に繋がりました。
(もちろん、その間、イラストレーターとして活動するために必要なことを、自分なりに勉強し模索していました。)

雑貨づくりも、私自身の世界観から生まれるもので大切ですが、
今の布絵のお仕事も、自分だけでは気づかなかった発見が常にあり、やりがいがあるなと取り組んでいます。
今後布絵で「こういうことができたらいいな」と思い描いていることも、たくさんあります。

結局何が言いたいかというと…

人の言うことを真に受ける必要もなくて、「自分がどうしたいか」に耳を傾け、選択して行動していくのがいいのかな、と。
そう思っています。

私の経験が、もし活動に悩んでいたりするどなたかの心に届いて、何かのきっかけになったら…という思いもあり、書き留めました。
長文をお読みくださり、ありがとうございました。